日本酒製造における精米技術の開発を研究 荒井初枝

  • HOME »
  • 日本酒製造における精米技術の開発を研究 荒井初枝

img_01 (2)

将来の目標など

食を通じていろんな人の生活に少しでも笑顔を届けたいと思う。やっぱり食べることってとても楽しいことだと思うので、その小さな幸せをたくさんの人に届けたい!

所属する学科で印象に残ったこと

私の所属した工学は、いい意味で専門家体質の人が多かった気がする。測量実験や、実習においても、手を抜かないでとことんやったりしていた。あとは、女の子の数が少なかったので、女の子同士の結束は高まった。学科の特色で、環境について学ぶことが多かったのも、興味や関心が深まってよかった。いままでは、他人事でしかなかった環境問題だったが、授業を受けることで私たちが直面している問題ととらえられるようになった。

受験生へメッセージ

工学は、専門分野をじっくり学べる場所だと思う。
その中でも「自分のやりたいこと」を最後まで軸をぶらさずに持っていてほしい。
私は高校から、食に関わる仕事に就きたいとずっと思っていたので、この学科のこの研究室に入った。就職先も食品メーカに入ることができ、やりたいことを一貫して持っている人は強いと感じた。