入学者受入方針

東京農業大学の3つのポリシー(アドミッション・カリキュラム・ディプロマポリシー)

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

東京農業大学アドミッションポリシー

本学は、「生命」「食料」「環境」「健康」「エネルギー」「地域創成」をテーマに、農と生命を科学
し“生きる”を支える農学の進化に挑戦し、持続的な社会の発展に貢献する人材を養成します。
そのため、本学では、次のような学生を求めています。
(1) 農学を学ぶにあたり、基礎的学力と必要な知識を有している。
(2) 「生命」「食料」「環境」「健康」「エネルギー」「地域創成」などに関心を持ち、地域社会や
国際社会で活躍する意欲を有している。
(3) 実験・実習・演習等に通じた学びに強い関心があり、多様な人々と協働して学ぶ姿勢を有
している。
(4) ある事象に対して多面的かつ論理的に考察して自分の考えをまとめ、適切に他者に伝える
ことができる。

地域環境科学部アドミッションポリシー

地域環境科学部は、グローバルな地球環境から、ミクロな地域環境に至るまでの幅広い知識・
理解力を有し、様々な環境問題の解決や持続可能な地域づくりに貢献できる人材の養成を目指し
ています。そのため、次のような学生を求めています。
(1) 環境問題や環境共生型・循環型の地域づくり、地域環境と生物資源の保全・利用・管理
に興味を持っている。
(2) それらの実現に向けて幅広い知識への関心や柔軟な思考力を身につけている。
(3) それらの実現に向けてチャレンジする意欲を有している。
(4) コミュニケーション力や表現力などの素養を有している。

生産環境工学科アドミッションポリシー

生産環境工学科は、「食料」「環境」「資源」「エネルギー」をテーマに、環境に配慮した農業生産を支える工学的な技術開発に挑戦し、循環型社会の創造に貢献する人材を養成している。そのため、本学科では、次のような学生を求めている。

  • ① 英語の基礎学力を有し、数学、物理、化学、生物のうち一つ以上の科目を受験科目として学んでおり、農業生産及びその環境保全に関心がある。
  • ② ある問題についての現状や原因、対策について、限られた情報だけから判断することなく、関連領域に好奇心を持ち多面的に考えることができる。
  • ③ 数学と力学、情報技術について関心がある、または本学科が対象とする問題解決のために、それらを学ぶ意欲があり、自分から学習に臨むことができる人。また、現場への調査をいとわないなど、行動力がある。
  • ④ 積極的に自己をアピールでき、かつ他の人とのコミュニケーションが取れる。
  • ⑤ 学部在学中に、工学的な考え方や技術を身に付け、自分の将来計画を考えることができる。